ホーム > 家庭用蓄電池とは

家庭用蓄電池とは

災害に備えながら、節電効果もアップ。
安心・快適の蓄エネ生活、始めませんか。

今、オフィスや工場といった業務用の製品に代わって、一般家庭用蓄電システムの導入が進んでいます。
これからも電気料金の値上げの継続が予想されることや、政府が進めるZEH(エネルギー消費が±ゼロのスマートハウス)への支援など、家庭用蓄電システムへの注目はますます高まっていくでしょう。
ここでは代表的な家庭用蓄電システムの特長を通じて、新時代の「蓄エネライフ」を見ていきましょう。

定置用蓄電池市場規模推移

定置用蓄電池市場規模推移

家庭用蓄電池で始まる、蓄エネライフ

大容量・長寿命のリチウムイオン蓄電池を使って、家庭内で自由に電気を出し入れできるようにする。それが家庭内蓄電池システム。家庭に蓄電池システムがあると、こんな蓄エネ生活が始まります。
通常時

通常時

家庭内のピークシフトで、電気料金を節約
電力単価の安い深夜電力をためて、高価な昼間の電力使用量を減らします。

発電所の効率運用に貢献
昼夜の電力需要の格差が少なくなるため、発電所の効率運用に貢献します。

停電時

蓄電池にためた電力で必要な電力をまかない、安心・快適な生活を継続。

イラスト

家庭用蓄電池の種類は、大きく2種類

普段は賢く電気を使いながら、いざというときには力強くバックアップしてくれる家庭用蓄電池。その容量によって、大きく「コンセントタイプ」と「系統連系 タイプ」に分けることができます。それぞれ長所がありますので、期待する機能やご家族のライフスタイルに合わせて正しい製品・設置方法を選びましょう。
1コンセントタイプ
コンセントから電力を得て、蓄電するのがこのタイプ。比較的小型であることが多く、キャスターなどで移動可能になっていることも。リーズナブルな製品が増えてきたので、冷蔵庫や照明など用途を絞ったバックアップ電源としての備えに最適。蓄エネ生活の第一歩におすすめ。
2系統連系タイプ
大容量の据置き型蓄電池を設置する際には、「特定負荷分電盤」を設置する方法と「一般負荷分電盤」に追加する方法の、2つのケースが一般的です。「特定負 荷」分電盤を設置した場合は、あらかじめ決めておいた電気製品やコンセントに電力を供給。非常用電力を必要に応じて効率的に使うことができます。一方の 「一般負荷分電盤」タイプは、大容量の蓄電池システムにおすすめ。ご家庭の電気の大元に直接つなぐため、普段通り住まい全体に電力供給することが可能で す。この場合は、いつものコンセントが使えるので、停電時でも電力が残っている限りは普段の生活と変わりません。

電気の使い方が大きく変わります!家庭用蓄電池の活用法

1蓄電池単体でもOK。ピークカット・ピークシフトで電気代を節約!
夜間の割安な電力をためて、日中の高価な電力消費量をカットする。それがピークシフト・ピークカットです。イラストからもわかるように、大容量の蓄電池を使った方がピークカットの量が増え、より節約効果が高まります。
2系統連系タイプ (1)自給自足を目指す!
太陽光発電システムを導入されている方ならよくご存じの通り、従来はソーラーでつくった電気は余ってもためておけなかったため、電力会社に買い取ってもら うしかありませんでした。しかし家庭用蓄電池があれば、もうその必要はありません! 万一、大地震など大規模・広域の災害に見舞われて長期間の停電状態が 続いても、太陽光の発電量に応じて夜でも電気が使えるメリットがあります。
(2)売電しつつ、購入電力を最小限に
日中は電気を使わない方、太陽光発電が大容量の方にオススメ!
(3)売電量アップで収入アップ!
太陽でつくった電力をできるだけ多く売りたい方にオススメ!
※太陽光売電価格はW発電単価となります。
太陽光発電と家庭用蓄電池の組み合わせは、省エネや節電だけでなく、緊急時のエネルギー対策としても注目される分散型発電システムです。「夜間にためた電 気を昼間に使う!」「非常時に備えて電気を蓄える」。家庭用蓄電池を活用することで、そんなスマートな生活が現実になります。
予算に余裕があれば、おすすめは分電盤へ直接接続し、ご家庭のすべての電気製品に電気を供給できるタイプです。非常時には自動的に蓄電池からの電力供給に 切り替え、家全体の電気製品を素早くバックアップ。太陽光発電システムと組み合わせれば、システム容量以内とはなりますが、自給自足の電力供給が可能とな ります。
防災と省エネ、一挙両得の家庭用蓄電システムをぜひご検討ください!
  • 人とエネルギーの未来を創造する エネジンのLPガス
  • エネジンソーラー
  • エネジンアクア
  • エネジンハウス
  • 大好きな家だから、もっと快適に ecoリフォーム
  • エネジン空調システム
  • エネジン株式会社
  • 節電しながら災害時に備える エネジン蓄電池システム
ページの先頭へ